【花粉症】【漢方薬 声枯れ ぎっくり腰 花粉症 認知症 動悸不整脈】第242回2018/3/14放送【FM コミてんラジオ「ミーとアッキーの健康万歳」(毎週水曜16:00~16:20)】

花粉症に効く動画

【漢方薬 声枯れ ぎっくり腰 花粉症 認知症 動悸不整脈】第242回2018/3/14放送【FM コミてんラジオ「ミーとアッキーの健康万歳」(毎週水曜16:00~16:20)】

歌手の方が響声破笛丸を購入に来られた。

ギックリ腰の漢方薬
肺蔵と肝臓から来ている。

肺臓が熱を持つと筋肉が萎縮して縮む。
肝臓は筋肉を支配している。
老木のように筋が張っている。
ギックリ腰で於血も発生する。

ギックリ腰が5回分服用で治った。

花粉症もすぐに効果が出る。
全身の痒み、目の痒みもとれる。

認知症の父、介護するのが大変。
認知症は治りませんとまわりから言われている。

脳に十分に酸素、栄養がいかない方は暗記力、記憶力、集中力が低下する。これは胃腸の消化吸収力が弱い方です。

胃腸が弱体化して、気という栄養素を肺臓に十分に供給することができなくなると、肺臓が水をつくることができなくなり肺臓が火を持ちます。肺臓が火を持つと筋肉が萎縮します。肩こり首コリ筋肉痛がおこり、脳の萎縮が始まる。

動悸、不整脈がひどかった。
肺の熱が高い。鼻の中がカラカラに渇いている。
肺臓であった。

心臓の検査したが、異常はなかった。

漢方薬でほとんど症状が改善した。

真夏に心臓が悪くなる人がいる。
ポンプが火をつく。体が熱くなって肺を攻撃する。
肺蔵から、心臓の症状が出てることが多い。

肺臓が弱い人は、肝臓と心臓は強い。

コメント

ツールバーへスキップ
タイトルとURLをコピーしました