【花粉症】怪談『朗読の部屋』第百三十六話 『やまのけ』 『鍾乳洞』

花粉症に効く動画

【怪談朗読】ルルナル 怖い話『朗読の部屋』第百三十六話 『やまのけ』 『鍾乳洞』

皆さん、こんばんわ。ルルナルです。

怪談『朗読の部屋』百三十六話をお届けします。

最近は花粉症で目がかゆいのです。

『山の怪』 ⇒ 約11分
『鍾乳洞』 ⇒ 約20分

★目指せ! 登録者数一万人突破!
 まだ未登録の方は今後も色々とやっていきますので、
 是非、チャンネル登録をお願いします。
 ルルナルがきっと笑いながらいい夢を見ます。

怪談体験談の募集  ⇒ kaidan.bosyuu@gmail.com

コメント

  1. AMD184YUKI より:

    やまのけ:
    2ちゃんねる発の有名な都市伝説とされていますが、理不尽な恐怖の表現が秀作ですね。
    「理不尽」を自身の無知の結果と解釈したら、たどり着くのは「無知は怖い」になるのかもしれません。
    ネットには有りませんが、これのパロディで「山の毛」という話を聞いたことがあります。
    山中で迷うと、何者かに毛をむしられる…という話でした。 (笑)

    鍾乳洞:
    「探検部の学生が地底湖で溺死」という実話を思い出しました。
    鍾乳洞は日本各地に点在しますが、観光化されているものは少なく、大抵は閉鎖状態と聞いています。 理由は「危険だから」&「管理資金不足」だと思われます。
    「何が危険なのか」は別にして、周囲が入洞を規制しているのは何かがあるという証拠ですね。

  2. sosegonn1 より:

    同じパターンで、”お兄さんが妹と出掛けて”ってお話で、もっと辛目なお話がありましたよね。
    このお父さんはとても辛いでしょうね…ロシアの話、映画見てみたいです!

  3. 井上かえで より:

    「やまのけ」は、呼ばれたのか、通り魔にあったようなものなのかわかりませんが、親御さんにとって辛い事ですし、他人事と言い切れるものでもないので、怖いのもありますが、悲しいお話でもありますね。
    「鍾乳洞」途中で、はぐれたか何かで、大人を呼んだのかなぁと思いましたが、ルルナルさんのお話の通りだとすると怖いですね。
    ホライゾンは動画で観ましたが、映像がとても綺麗ですね。

  4. トルマリン Z より:

    やまのけの有名なこのセリフ、ルルナル様ボイスで聴いてみたかったので大満足です(^^)鍾乳洞はカナヅチで閉所恐怖症の私にとっては想像するだけでも怖いですね。ふいうちの雄叫びに本気でビクッとしてしまった自分が照れくさいです…(-_-;)最近の怪談の登場人物の名前は今風だなあと思って聴いていたのですが…たつきとなおきはお知り合いの方でしたか(笑)

  5. 野比のび太 より:

    【やまのけ】くねくね、ヒギョウとか
    の類か?(神の類らしい)
    魑魅魍魎を倒せるのは、やはり陰陽師でしょうか?

    • トルマリン Z より:

      野比のび太 様 先日のコメントで四国にお住まいとか…さすがに自然豊かですね!うちは東京の西の外れですが、裏の畑にハクビシンの夫婦やタヌキがやってきます。動物王国ばんざい。

    • 野比のび太 より:

      あたくしが、山や田舎道で会って困る相手は、イノシシですね
      鹿はほっとけば跳ねていなくなるけど、イノシシは場合によっては向かって来ますから、逃げたら追って来るので、通り過ぎるのを待つか、戦うの2択しかないので困ります 過去2回会ったんですが、ヤツは目の前を素通りして行きました

  6. at Home百合猫 より:

    うぽつです。これはまた有名な話ですね。どうしても既視感が湧いちゃいますが、流石は有名な怪談。何度聞いても興味深いですね

    • トルマリン Z より:

      at Home百合猫 様 朗読する方それぞれの個性が出ていて楽しめますよね。

ツールバーへスキップ
タイトルとURLをコピーしました