花粉症に効く薬

成分的に処方薬と市販薬の違いはありません

アレグラもアレジオンも、共にアレグラFXアレジオン10という名称でそれぞれ市販薬として売られていますが、それぞれ成分的には病院で処方される薬と市販薬との違いはなく同じものです。

 

アレグラ(アレグラFX)の特徴

cats

  • 用法・用量・・・1回1錠、1日2回朝夕に服用
  • 効能・・・くしゃみ・鼻水・鼻詰り・目のかゆみなどに効き目があります。
  • 副作用・・・ほとんどない

>>【必見!】花粉症の薬での眠気の副作用を軽くしたい方はアレグラ

 

アレジオン(アレジオン10)の特徴

cats

  • 用法・用量・・・1回1錠、1日1回就寝前に服用
  • 効能・・・くしゃみ・鼻水・鼻詰り・目のかゆみなどに効き目があります。
  • 副作用・・・軽い眠気

>>気になる花粉症の薬アレジオン!その副作用と効き目は?

 

金額的にはアレグラFXがお得

1065911f23c3879158f00219e9711205_s

金額的な比較に関しては、少し分かりにくい部分がありまして、ざっくりと計算しますと、アレグラFXは28錠入り14日分で仮に1ヶ月分の金額が約4000円です。

市販薬のアレジオン10は10mgを1回1錠服用となっていますが、通常病院では20mgを1回分として処方しますので、市販薬の薬の箱に書かれている用量通りの服用では効き目が弱いと感じる方も多いと思いますので、倍の1回2錠の服用で計算すると、1ヶ月分の金額が約9900円になります。

金額的にはアレグラFXのほうがお得になります。(金額については、購入される店舗によってバラつきがありますので、定価ベースで計算しています。)

 

結局のところアレグラFXとアレジオン10のどっちがいいの?

成分的にはアレグラFXもアレジオン10も第二世代の抗ヒスタミン薬になります。

どちらも眠気などの副作用は従来の花粉症治療薬よりも低く抑えられていますが、アレジオン10のほうがやや眠気の副作用が強いようです。

効き目の方もくしゃみ・鼻水・鼻詰り・目のかゆみに両者とも効果がありますが、ややアレジオン10の方が効き目が強いです。

結論としては、効き目はアレジオン10・眠気などの副作用を気にされる方はアレグラFX・金額的にはアレグラFXという形になりました。

薬との相性もあり、効き目・副作用共に個人差はありますが、まずアレグラFXを試されてみて、もし効き目が弱いと感じたらアレジオン10に切り替えてみてはいかがでしょうか。

ツールバーへスキップ
タイトルとURLをコピーしました